骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折に対する統合医療

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

骨の強さは骨密度だけではない!

従来、骨粗しょう症は「骨密度の低下」と定義されていました(1994年WHO)。しかし骨密度が高くても骨折する人は多く、骨密度以外の危険因子が明らかになってきました。

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折
骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

骨強度を上げる方法
1. ケイ素(Si)の補給(水溶性珪素)

完成された骨の元素は69%がCa(カルシウム)、29%がP(リン)でSi(ケイ素)は1%に過ぎませんが、骨の出来始めに、骨芽細胞で骨繊維を育てているときは、Si(ケイ素)が30%を占めておりこれが原子転換してCaになると、最新の研究では考えられています。
したがっていくらCaをとっても、良い骨を作るにはSi(ケイ素)を補充しなくてはなりません。
ケイ素は現在『水溶性珪素』として、簡単に補充することができます。
閉経前後の女性の方で1日10ml、骨粗しょう症が進んだ方では1日20mlの飲用をお勧めしています。ケイ素は結晶化すれば水晶ですから、耐熱性があり、何に混ぜて摂っても大丈夫です。

水溶性珪素 料金
500mlボトル 20,000円(税別)
50mlボトル 4,000円(税別)
2. ビタミンCの補給

ビタミンCには体内でコラーゲンを生成するという重要な働きがあります。ビタミンCが欠乏すると、このコラーゲンの生成量が低下し、骨がもろくなってしまいます。しかし、ビタミンCは水溶性であるために体内に蓄積することができません。
ブルークリニック青山では、日本最高容量の治療用ビタミンC(1包2,000mg)を使用しています。また、喫煙はビタミンCを破壊しますので、喫煙者には必須です。

ビタミンC 料金
2,000mg(30包) 3,000円(税別)
3. 甲状腺ホルモンチェック

甲状腺ホルモンが過多になる(甲状腺機能亢進症:バゼドウ病)では骨吸収が促進されて骨粗しょう症になります。一方正反対の、甲状腺ホルモンの不足(甲状腺機能低下症:橋本病など)でも、骨密度は低下します。甲状腺ホルモンをチェックして過不足を修正することが長期の治療では必要です。

甲状腺ホルモン測定 料金
甲状腺ホルモン測定 3,000円(税別)
4. 善玉カルシウムの補充と悪玉カルシウムの排除

カルシウムにも善玉悪玉があった!良いカルシウムは骨を丈夫にし悪いカルシウムは血管の石灰化を促し血圧を上げる。

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

しっかり骨まで届けるカルシウム「八雲風化貝カルシウム」

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折八雲風化貝カルシウムは、北海道でしか採れない「天然の宝物」。子供から大人まで手軽に無理な区続けられる栄養補助食品です。

「八雲風化貝カルシウム」の原料となる貝の化石は、北海道八雲町の黒松内断層でしか採れない貴重なもの。
しかも、非活性の風化貝カルシウムだからこそ、体に吸収されやすく、健康な骨づくりをサポートします。
また、信頼性と安全性は20年以上にわたる研究データと多くのお客様の声からも確認済み。
普通の食生活では補いにくい良質なカルシウムをお子様からご高齢の方まで、どなたでも安心して気軽にお召し上がりいただける「八雲風化貝カルシウム・顆粒」を毎日の健康維持にお役立てください。

風化した貝の化石から作られる高純度非活性型天然カルシウム「八雲風化貝カルシウム」を推奨します。「骨粗しょう症:1回10粒 × 1日3回」、「予防:1回5粒 × 1日3回」が目安です。

八雲風化貝カルシウム 料金
八雲風化貝カルシウム 1,500粒入 8,000円(税別)
5. ビタミンDの測定と活性型ビタミンDの補充

ビタミンDはカルシウムの吸収に不可欠のビタミンです。体で働くビタミンDは活性型のビタミンD3ですが、体内のビタミンDの過不足の測定には安定した25ヒドロキシビタミンD(25-OH VitD)を用います。近年ビタミンDには強力ながん防止作用があり、血中ビタミンD濃度が高いと乳がんで80%、大腸癌で50%発症が低下することが報告されています。

ビタミンD3とカルシウムを摂取することで、
77%以上がんの発症が予防できます。

血清ヒドロキシビタミンD値(以下「血清25(OH)D値」と略す)が高いと大腸がん、乳がん、卵巣がん、肝臓がん、前立腺がんなどの罹患率が大きく低下することが報告されています。特に乳がんおよび大腸がんにおいては、年間を通じて血清25(OH)D値を40〜60ng/mlに維持するとこれらのがんの新規発生が半減し、死亡率も3/4に減少すると予測されます。

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

病気との間に確かな因果関係があり、ビタミンD不足と筋力低下をともなう骨粗しょう症、
そして骨粗しょう症の人々の転倒リスクの増加については実験に基づく研究により多く記録されています。最近、新たにインフルエンザ、結核、乾癬、多発性硬化症、炎症性大腸炎、1型糖尿病、高血圧、心臓疾患の増加、筋疾患、乳がんや他の種類のがんを含む、多くの病気とビタミンD欠乏との関連性が注目されています。
もし、ビタミンDの欠乏や不足が、ビタミンD3の摂取量を増やすことで根絶できれば、これらの多くの病気の発生を20〜50%、またはそれ以上減らすことができると考えられています。症状に大きな改善をもたらすために必要なビタミンD3の適正摂取量は年齢、人種、生活習慣、また居住地の緯度によって異なります。Dアクションに参加しているクリニックを通し、ビタミンDの血清レベルを測り、個人のレベルに合わせた量を摂取することが重要です。
必要な量は、個人によって大きく異なります。

高濃度リキッドビタミンD3 10,000IU 30ml

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折最近の研究報告では、がんをはじめ高血圧や心臓血管疾患、糖尿病、慢性間接リウマチ、多発性硬化症(MS)等、多くの疾患の要因としてビタミンD欠乏症の関与が示唆されています。本製品は、ビタミンD3を効率よく補給するために開発されたリキッドサプリメントです。摂取しやすく吸収性に優れています。

ビタミンD 料金
ビタミンD濃度測定 8,000円(税別)
高濃度リキッドビタミンD3(約2ヶ月) 4,000円(税別)
6. CAA細胞活性埋線鍼による筋力強化〜脊椎骨折で驚く回復例が!

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

当クリニックでは韓国の崔先生のご指導の下、CAA細胞活性埋線鍼による治療を行っています。
この鍼で骨粗鬆症や骨折を治すことはできませんが、特に高齢者に多い脊椎の圧迫骨折で、脊椎の脇の筋肉の筋力を鍼でアップすることで、骨を支える力を強化し、快復を早めた例が出ています。筋力強化には最低1ヶ月はかかります。

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

CAA細胞活性埋線鍼による多発脊椎圧迫骨折改善例 1:71歳女性

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

胸椎圧迫骨折(再発)による背部痛で2週間入院。退院直後に背部に30鍼うち、大幅に痛みが軽減しベッドでの臥床が可能に。翌月に背部に22鍼追加。背筋が伸び、筋力が増したようだと。5月現在通常の事務業務が可能になっている。毎月15鍼位ずつ追加しているが全く痛みなく、事務業務可能。

CAA細胞活性埋線鍼による多発脊椎圧迫骨折改善例 2:84歳女性

骨粗しょう症・脊椎圧迫骨折

胸椎圧迫骨折(再発)による背部痛で寝たきり状態。痛みが激しく痛み止めなどでコントロール困難。40鍼施術するも改善なし。1週間おいてさらに30鍼追加。その後も改善なし。入院を考慮していたところ3週間目から痛みが軽減。1ヶ月後からは歩行し、買い物も可能になった。遅れて効果が発現したと考えられた。

自由診療、完全予約制です。

ご予約・お問い合わせ 03-6434-0085
診察時間:火・水・金・土 10:00~18:30
施術時間:火・水・金・土 10:00~21:00(最終受付19:00)
休診日 :月・木・日、祝日

診察は完全予約制です。これは患者様や相談に訪れる方一人一人に責任をもって、充分な診察をしたいと考えているからです。また、1〜2ヶ月先まで予約で埋まっている場合もありますので、予めご了承ください。なお、当日の予約キャンセルについてはキャンセル料が発生する場合があります。

なお、初診の方は予約日の一週間をきってのキャンセル・日程変更につきましては、診察予約時間の50%分をキャンセル料として頂戴致します

(例)1月8日60分診察予定で1月1日キャンセルの場合:6000円(税別)キャンセル料

ご予約をお待ちになっている患者様やご家族の方がいらっしゃいますので、何卒ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。


banner2

※初診ご来院の受付時に、初診問診票、生活習慣調査票にご記入いただきますが、当ホームページからも初診問診票、生活習慣調査票がダウンロードいただけますので、事前にご記入いただき、来院の際にご持参ください。ダウンロードできない場合は、ご連絡をいただければFAXにてお送りいたします。
※他院での検査データ、健康記録、処方内容などお持ちの場合は、なるべく多くご持参ください。また、病気の経緯、経過をまとめていただくと、より適切な診療が可能です。
※紹介状の有無にかかわらず受診いただけます。

初診問診票、生活習慣調査票 ダウンロード(PDF)

ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:30
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ドクターズサロンラブ
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン
港区ドクター
QuicksilverJapan