東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山

東京都港区のがん治療ならブルークリニック青山。最新の酵素栄養学で現代病・難病や、健康・精神・美容の諸問題の原因を追究、西洋医学と代替医療や伝統医療等を行う統合医療の南青山にあるクリニックです。

 03-6434-0085

診察 10:00-18:30 × × × ×
施術 10:00-21:00 × × × ×

葉酸受容体検査(FRAT)


脳の発育などに必須の栄養素“葉酸”に抗体ができると、葉酸の脳への移送が障害されます。この場合、高用量の代謝型葉酸の補充(0.5~4mg/体重Kg)が有効な場合があります。知的な遅れを伴う場合には、必須の検査と言えます。対処法があります。

FRAT検査では、検出される2種類の抗体(BindingとBlocking)があります。両方の結果がそろって陽性や陰性とは限らないそうです。これらの抗体のいずれかまたは両方の陽性の場合、葉酸欠乏症となり、高用量の代謝型葉酸の投与が推薦されています。採血8ml(40,000円税別)

更新日:

Copyright© 東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山 , 2018 All Rights Reserved.