東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山

東京都港区のがん治療ならブルークリニック青山。最新の酵素栄養学で現代病・難病や、健康・精神・美容の諸問題の原因を追究、西洋医学と代替医療や伝統医療等を行う統合医療の南青山にあるクリニックです。

 03-6434-0085

診察 10:00-18:30 × × × ×
施術 10:00-21:00 × × × ×

尿グルテンカゼインペプチド検査

グルテンカゼイン制限は必要なのか・いつまで必要なのか

  • 決まりはありません
  • IgG検査(遅延型アレルギー)でグルテン・カゼインが陽性であればまず2~3年はやってみる(アリカでもまず初めに試みられています)
  • 改善する子は改善します(特にADHDに対して)

  • IgG検査の反応は腸壁が荒らされて漏れる(悪い物が血中に入り、良い栄養素が腸に漏れる)リーキーガット状態になっていなくても、あるいはリーキーガット状態が改善しても陽性になる場合があります。
  • ゾヌリン検査(血液)がリーキーガットの程度と有無を的確に評価します
  • 尿グルテンカゼインペプチド検査がグルテン・カゼインペプチドの状態を評価します

更新日:

Copyright© 東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山 , 2018 All Rights Reserved.