東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山

東京都港区のがん治療ならブルークリニック青山。最新の酵素栄養学で現代病・難病や、健康・精神・美容の諸問題の原因を追究、西洋医学と代替医療や伝統医療等を行う統合医療の南青山にあるクリニックです。

 03-6434-0085

診察 10:00-18:30 × × × ×
施術 10:00-21:00 × × × ×

インディバ温熱療法

深部加温による温熱治療

インディバとは、電気メスの発明者であるスペインの物理学者ホセ・カルベット氏により開発された、電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」です。
インディバの特徴は、身体の深部に容量の多いエネルギーを透過し、体表面の温度を上げないで、短時間で深部組織の体内温度を上げることができるシステムです。昨今流行している温泉浴やサウナ、岩盤浴、ゲルマニウムなどの温熱療法は、熱源を身体の外部に温熱療法で、その熱は体内に浸透することはなく、皮膚の毛細血管に吸収された熱は、血流によって運搬されるだけであり、わずか数十秒で体外に放散されます。これらの温熱療法にくらべ、「インディバ」は、一線を画した非常に有効な温熱治療と言えます。

インディバの温熱の仕組み

「インディバ」の最も優れた特徴は「深部加温」にあります。体内に発生したジュール熱(生体熱)は、血流や細胞間を介して全身に広がり、各組織に加熱された温度は3~4時間保たれ、身体の代謝を促します。「インディバ」の「深部加温」の秘密とは、二つの異なる電極(「戻し電極」と呼ばれる板状の電極(背中にひく部分)と円形の電極(体に当てる部分)と)で体を挟み、2つの電極間の体内全域に「ジュール熱」(細胞分子の移動で生じる摩擦熱)を発生させること(CRet System容量・抵抗性電移法)です。
インディバ自体が熱を発しているわけではないのです。その結果、一時的に体温を3~5度、血流の少ない部位では、7度まで上げることも可能です。

【ジュール熱とは】
細胞の分子の移動によって生じる摩擦熱です。組織の抵抗が高いところで特に熱を発します。したがって抵抗値の高い関節や、がん病巣を特に温められます。

インディバ温熱治療の効果

このインディバ独自の温熱作用を応用することで、疼痛の緩和や、色々な医療効果、美容効果を期待できます。
人間(成人)の正常な体温は36.5度ですが、1度下がると代謝が30%低下し、免疫力は2/3に下がり、基礎代謝は1割以上低下すると言われており、低体温体質は、女性器疾患、肥満症、をはじめ多くの病気の要因となります。
特にがん細胞は低体温を好むため、がん体質にもなります。

がんに対する効果

がん組織は熱を逃がす血管組織が未熟な為、加温されると熱が蓄積し組織の温度が上がります。
42度以上になるとがん細胞は死滅していきますので、深部加温でがん組織に強いダメージを与えることができます。
いっぽう、正常組織は血管が発達しており熱を効率よく逃がすため、ダメージは少なくてすみます。
また加温することにより、熱ショックたんぱく(HSP:Heat Shock Protein)という特殊なたんぱくが作られますが、このHSPが免疫機能を上昇させることが判っています。と同時に、HSPは抗がん剤、放射線の副作用も軽減します。

高濃度ビタミンC点滴療法との併用効果

人の結腸がんの細胞を使用した実験では、37度でビタミンCを加えると20%が死滅したのに対して、39度に加温すると48%が 死滅しています。乳がんでは37度でのビタミンCでは80%が死滅、39度でのビタミンCでは88%が死滅しています。
ブルークリニック青山では、がん治療に対して積極的にビタミンC点滴療法とインディバ深部温熱療法を組み合わせて実施しております。

SHTマイクロ波温熱療法前の予備加熱として

当クリニックではSHT照射前にインディバで全身の深部加温30分をはかりその上でSHT照射を行う予備加熱を行って、治療効果を上げています。

不妊治療のメインとして

冷えは妊娠にとっても悪さをします。女性の妊娠環境を上げる目的でインディバによる温熱療法を併用しています。

むくみ、皮下脂肪、内臓脂肪の除去

高周波を出すアタッチメントを部位にあてて施術すると、アタッチメントをあてた部位の体温は3〜5度ほど上昇し、組織細胞が活性化し脂肪が燃焼されます。
自然燃焼された脂肪は老廃物(便や尿、汗など)と一緒に体外へ排出されます。

関節痛、神経痛に対して(特に冷えで悪化するもの)

痛い関節にエネルギーを透過することで、関節に熱が発生し温まります。結果、冷えで悪化する関節痛、神経痛に改善効果が見られます。

インディバの安全性:電磁波、高周波は安全なの?

インディバの高周波はわずか0.44メガヘルツで人間の背丈よりも長い波です。したがって体内に金属が入っていても(金属プレートやボルト、インプラント、ペースメーカーなど)それらに熱は生じません。
一方、同じ高周波でも電子レンジは約2,000メガヘルツで、どんな物体にも熱を発生します。インディバによるジュール熱は生きた細胞にしか発生しないのが特徴です。

更新日:

Copyright© 東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山 , 2018 All Rights Reserved.