東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山

東京都港区のがん治療ならブルークリニック青山。最新の酵素栄養学で現代病・難病や、健康・精神・美容の諸問題の原因を追究、西洋医学と代替医療や伝統医療等を行う統合医療の南青山にあるクリニックです。

 03-6434-0085

診察 10:00-18:30 × × × ×
施術 10:00-21:00 × × × ×

神経回復プログラム

神経修復について(前段階)

  1. 恐らく解毒後でなければニューロン再生は難しい
  2. 主たる解毒経路は肝臓→腸のため、解毒に先立って整腸が絶対に必要である
  3. 脳のニューロンと同時に腸のニューロンも再生する必要がある

神経修復について(後段階)


Mガード・フェルガード

フェルガードは生薬由来の成分、フェルラ酸(米ぬかのポリフェノール)とガーデンアンゼリカ(植物エキス)が、セロトニン神経を調節して認知症・発達障害の諸症状を改善するとともに、脳の神経伝達を促進します。
Mガードは生薬由来の成分(ヘスペリジン・ナリルチン・α-GPC)がMBP(ミエリン・ベイシックプロテイン)を活性化し、従来不可能と言われた神経の再ミエリン化・髄鞘の再生を促します。

EDELFO(エーデルフォー)

メキシコのNeuro Recovery Center(NRC)による機能性脳波検査による脳神経細胞再生治療

日本での脳波検査は、異常波やてんかん波があるかどうか、意識障害やてんかんとの関連をみて抗てんかん薬を投与するというものです。EDELFOの脳波検査は大分異なります。脳波で脳のダメージを受けている部位を特定し、どの神経細胞が障害・過剰・過少になっているかを検証。
この検査結果より、脳の各部位の機能が亢進・低下しているかを把握し、神経伝達物質(ドーパミン、セロトニンなど)が作用する脳の部位の劣化・損傷をみて治療のターゲットを定めます。そしてその神経の再生に必要な栄養素と再生因子を口から飲むたんぱく質の形で、独自に作製してくれます。やられている脳神経、即ち必要な因子は個人ごと異なりますから、オーダーメイドの治療となります。

ただし費用は高額(検査6か月ごと1回20万円前後、治療費年間約200万円)です。また事前に体内環境(特に腸内環境)の整備とその後の解毒を図っておかなければ神経は再生しにくくなります。当クリニックでは通常のステップ1~3を行っても問題が強く残っている場合にお勧めしています。また発症に外的要因が考えられる場合(事故など)、てんかんを伴っているような場合、知的障害が強い場合には当初から適応を考えます。ただし抗神経細胞表面抗体を有する自己免疫性脳炎では効果が少ないのではないかと個人的には考えています。

Edelfo付け足し文書

MAF(マクロファージ活性化因子)


<自閉症とオートファジーの関係とは?>

同研究において、26名自閉症患者(2~20歳)の検体から採取された大脳皮質を、自閉症でない22名の患者検体と比較したところ以下の内容が報告されました。
◆19歳自閉症患者では、脳内シナプスがはるかに多く残存していた(約16%しか刈り込みが行われていなかった)。⇒自閉症でない患者では、約41%の刈り込みが行われていた。
◆さらに自閉症患者の脳細胞にはオートファジー機構が極度に欠乏しており、神経細胞も古く傷ついた部分が多く見られた。

更新日:

Copyright© 東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山 , 2018 All Rights Reserved.