東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山

東京都港区のがん治療ならブルークリニック青山。最新の酵素栄養学で現代病・難病や、健康・精神・美容の諸問題の原因を追究、西洋医学と代替医療や伝統医療等を行う統合医療の南青山にあるクリニックです。

 03-6434-0085

診察 10:00-18:30 × × × ×
施術 10:00-21:00 × × × ×

肥満、代謝異常、ダイエット

肥満、代謝障害、ダイエットで注目すべきは、細胞でエネルギーATPを産生するミトコンドリアです。ミトコンドリアでは効率よくATPを産生するため非常に高い電圧をかけなければなりません。
そのため古くなったり、傷ついたりすると電子漏れを起こし、活性酸素が大量に発生します。つまりミトコンドリアを傷つける最大の天敵は活性酸素種です。
当クリニックでは2010年より、ミトコンドリアの活性化と保護に注目して、水素、酵素栄養療法を提唱し、実践してきました。その内容とは

1 水素、酵素栄養療法で、ミトコンドリア、電子伝達系の補修、活性化を行います。

  1. 正常細胞のミトコンドリアの損傷を補修《常時必要》
  2. 正常細胞のエネルギーATP産生の増加(疲労回復、エネルギーアップ、体温上昇)
  3. 脂肪の燃焼、蛋白同化作用(筋肉アップ)
  4. 卵子の活性化(不妊症、卵子老化)

2 水素、酵素栄養療法で、がん細胞の弱体化をはかります。

  1. ATP産生増加で体温上昇、解糖系の酵素を逆にブロック
  2. さび付いたがん細胞のミトコンドリアを刺激しアポトーシスを誘導(がん細胞の自滅)
  3. ミトコンドリアの酸化損傷を修復し、がんの転移リスクを軽減

更新日:

Copyright© 東京都港区のがん・ホルモン・自閉症治療|ブルークリニック青山 , 2018 All Rights Reserved.