アレルギー問題について

アレルギーには様々な種類があり、今まで症状がでていなくても何かをきっかけにアレルギー症状がでることもあります。こちらでは、アレルギー問題についてご紹介いたします。

食生活とアレルギーの関係性

エビやカニなどの甲殻類、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類でアレルギー症状を引き起こす方は多くらっしゃいます。昔からアレルギーという言葉はありましたが、昔の日本ではこのような症状で悩まされている人は少なく、増加傾向になったのは戦後になってからだといわれています。

その理由は、日本の食生活の変化が大きく関係しており、食の欧米化が進み、パンが主食としてお肉がメインになるなど、昔ながらの日本の食卓にのる料理を食べる機会が減少したこともあります。食生活が変わることで、日本人の腸内細菌の状況が悪化し、アレルギー症状を引き起こしやすい人が増加してしまったのです。

現代のアレルギー問題

現在は食べ物が自由に手に入り、お金さえあればいつでも好きな物を食べることが可能です。
なにかと忙しい現代は、毎日コンビニ弁当を食べていたり、スナック菓子やインスタント食品で済ませたりするなど、食事を簡単に澄ませ偏った食生活をしていることもアレルギーを持つことに関係しています。

また、現代の清潔すぎる環境が子供の免疫力を弱めているともいわれています。
清潔な環境にいると、より多くの物質を異物として捉えてしまうのです。
それがアレルギーの増加に繋がっています。

ブルークリニック青山では、食品・吸引アレルギー検査を行っております。
アレルギー治療をするためには、自分が何のアレルギーなのかを認識しておくことが大切です。また、検査をすることで腸内環境の悪化によるリーキーガット症候群を防ぐことにも繋がります。

食事療法によるアレルギー治療、生活習慣改善の促進も期待できる独自のアロマ療法など、多くの療法や治療を行っておりますので、東京都港区近辺にお住まいで、アレルギー治療ができる病院をお探しでしたら、ぜひブルークリニック青山をご利用ください。

ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:00
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン