アレルギーと腸の関係

食物アレルギーは子どもが発症するものだと思いがちですが、大人でも急に発症することがあります。アレルギーは免疫機能の過剰反応であり、免疫機能と深い関わりがあるのが腸です。
こちらでは、腸内環境とアレルギーの関係についてご説明します。

多くの免疫細胞が集まっている腸

腸は免疫細胞の6割が集中している器官です。そして、腸内の免疫機能に作用しているのが、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスです。この3つの菌のバランスが保たれることで腸の免疫機能が正常に働くのですが、このバランスはストレスや加齢、偏食などで簡単に崩れてしまうのです。

腸内環境が悪化すると免疫機能が正常に働かなくなり、本来は害のない食物も敵として認識し、アレルギーを引き起こす要因になります。ある研究では、アレルギーの方とそうでない方では、腸内細菌の多様性が違うという結果が出ています。善玉菌と悪玉菌のバランスが整うことで、腸の免疫機能が正常に働きます。食物アレルギーで悩まれている方は、腸内環境を整えましょう。

アレルゲンを避けることも忘れずに

アレルギーの改善には腸内環境を整えるだけではなく、アレルギーを改善する生活を送ることが大切です。アレルギー治療で最も有効な方法は、原因であるアレルゲンを避けることです。
アレルゲンを徹底的に避けることで、症状の緩和につながります。

食物アレルギーの場合、ご自身で気がついていないアレルゲンがある可能性があります。
まずは、検査を行いご自身のアレルゲンを把握しましょう。把握することがアレルギー治療の第一歩です。

東京でアレルギー治療を行っている病院をお探しなら、ブルークリニック青山にご相談ください。ブルークリニック青山では、食品・吸入アレルギー検査や、腸内環境と深い関わりがあるリーキーガット体質か診断するための検査を行っています。食事療法アロマ療法も行っていますので、アレルギーでお困りの方はお気軽にご相談ください。

ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:00
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン