更年期障害を乗り越えるために

気分の落ち込みや倦怠感、動悸、不眠など、様々な症状があらわれる更年期障害。ホルモンの分泌量が減ることでなる更年期障害は、ご本人にしか辛さは分かりません。こちらでは、辛い更年期障害を乗り越えるためのヒントをご紹介します。

ストレスケアが大切

ストレスは更年期障害の進行が加速する要因です。一般的に更年期障害は40代から50代になります。40、50代は職場や家庭、介護など、様々なストレスを抱えている方が多くいらっしゃいます。

ストレスは自律神経の働きに影響し、ホルモンバランスを乱す要因です。また、心身に負担が蓄積され、症状が悪化する可能性があります。症状を悪化させないためにも、ストレスケアを心がけましょう。

適度な運動を

年を重ねると運動する機会が減りますが、時間を見つけて運動することをおすすめします。
運動はストレス発散に有効です。ストレス解消以外にも代謝低下による肥満を防ぎ、自律神経のバランスを整え、更年期障害の症状の一つである睡眠障害の改善に役立ちます。

更年期障害になると骨密度が低下するので、激しい運動は骨折する可能性があります。ハードな運動ではなく、有酸素運動をするようにしましょう。

食事に気をつける

更年期障害は食事療法も有効です。ホルモンや自律神経に作用する食べ物を食事に取り入れていきましょう。女性なら、イソフラボンがおすすめです。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、更年期障害の症状の緩和が期待できます。

男性は、亜鉛です。亜鉛は男性ホルモンであるテストステロンの生成に必要な栄養素です。
ビタミンCと一緒に摂取することで、効率よく吸収できます。

日常生活に支障があるなら、早めに医師に相談しましょう。

東京にあるブルークリニック青山では、ホルモン治療を行っています。副作用の少ないナチュラルホルモンを使用したホルモン治療となっています。また、更年期障害以外にも不妊症や気分の落ち込み、うつ病でお悩みの方にもナチュラルホルモン治療はおすすめです。

ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:00
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン