がんとの向き合い方

日本人の死因で常に上位にあるがん。がん治療が始まると、終わりの見えない治療に多くの方が不安を抱えます。しかし、がん治療中の過ごし方を決めるのは、他でもないご自身です。日々を過ごすなかで、どのように過ごすべきなのか迷うこともあるでしょう。こちらでは、がん治療中のご自身との向き合い方についてお伝えしていきます。

一人で悩まない

がん治療が始まると、治療、生死、将来など、多くの不安を抱えます。しかし、一人で抱えても不安は大きくなるだけで終わりのない答えを探すようなものです。不安なことは、まず相談しましょう。言葉にすることで、心の整理ができます。ご自身が気づかなかったことを知ることができます。

いろいろな方の意見を聞くことで、違った考え方ができることでしょう。また、ご家族や医師、看護師たちとの信頼を深めるキッカケになります。一人で悩まず、疑問や不安は相談するようにしましょう。

気分転換をする

病気に関わらず、規則正しい生活は心身によい影響を与えます。医師と相談し、運動が可能なら無理のない範囲で運動をしましょう。運動をすることで気分転換や体力維持に役立ちます。

また、趣味を作るのもおすすめです。なにもしないでいると病気に対する不安な気持ちが大きくなります。「病は気から」という言葉があるように、趣味や好きなことをして笑顔で過ごす時間が増えることで、心によい影響を与えます。

港区赤坂にあるブルークリニック青山では、ホルミシス療法、サプリメント療法、点滴療法など、多くの治療法を組み合わせた治療を行っています。また、患者さんの心のケアにも重点を置いています。がん治療の多くは抗がん剤を使用していますが、ブルークリニック青山では体を傷めない治療を提案し、患者さんが納得のいく治療をしています。

他にも、ラドン療法ゲルソン療法幹細胞検査なども行っていますので、ご不明点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:00
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン