身近な病となっているがん

がんによる死亡数は昔に比べて増えており、現在は日本人の死因の多くを占めています。日本人の2人に1人はがんになるといわれるほど、現在は身近な病となっています。

がんは生活習慣病のひとつ

がんを発症させる原因は生活習慣によるものがほとんどです。特に重要なのが食生活です。栄養バランスが偏った食事、塩分が多すぎる食事などといった食生活を何年も続けていると、がんになる確率が高くなってしまいます。

また、飲酒や喫煙の習慣がある方も注意が必要です。飲酒することで、発がん物質が体内に取り込まれやすくなってしまうことがあります。それによって、咽頭・食道・肝臓などのアルコールが通過する部分にがんが発症しやすくなるのです。たばこの煙には多くの発がん性物質が含まれているため、たばこの煙を体内に取り入れることであらゆる臓器に悪影響をもたらすとされています。

現代は、がんを発症しやすい環境に身を置いている方が増えているのではないでしょうか。がんは、生活習慣を改善することで発症する確率を減らせる病であることを認識しておくことが大切です。

がん治療はひとつだけではない

がんは遺伝子の突然変異によって引き起こされます。患者様によって、がんができる場所、がんのタイプなどが異なるため全く同じがんというのは存在しません。さらに、がんは突然変異を繰り返しながら増殖するため、同じ治療法では治せないこともあるのです。

そのため、がん治療は患者様それぞれに合った治療をする必要があります。万が一、がん治療が必要になった際は患者様一人一人にしっかり向き合い、がんの根本原因を探りながら治療を行う病院に相談することが大切です。

東京都の青山一丁目駅近くにあるブルークリニック青山は、様々ながん治療を行っている統合医療クリニックです。食事療法温熱療法点滴療法など様々な療法を組み合わせたがん治療を行っております。患者様のお話を傾聴し、長年の生活習慣などに潜む根本的原因を探り、患者様に適した治療法をご提案いたします。

患者様一人一人に十分な診察を行うため完全予約制となっております。診療内容など気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:00
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン