SAKURA

SAKURAとは

sakura_1
今回ロシアの波動解析治療装置「メタトロン」が日本向け「SAKURA」にバージョンアップされ、より性能が高まりました。
今までの炎症・崩壊性のエントロピー変化6段階評価に加え、増殖性のエントロピー変化6段階評価が加わりました。
成長・増殖段階にある子供の波動解析が大幅に取り易くなりました。その結果発達障がいの子どもたちの特徴が浮かび上がってきています。

 
sakura_5

SAKURA12段階評価

sakura_4

波動検査は機能を見る検査です。

年齢とともに臓器の機能は低下します。
  • ◆したがって年齢とともに悪く出るところが増加します。
  • ◆高齢者では5、6は多数出ます。

sakura_9

◆一方20歳以下の子供は、全身どこにも5以上は出ないのが普通です。
自閉症患者の波動の特徴

sakura_6

自閉症患者の波動の特徴
共通しているのはともに最古の神経系が支配している場所がやられているということ

腸壁の腸管神経細胞

脳のニューロンよりも発生学的には古く、この神経網が上方へ発達進化して中枢神経が形成されたと考えられている

鼻の嗅神経

12種類ある脳神経系の中で発生学的に最も古い第1脳神経。扁桃体や海馬につながり感情や情動、記憶に関連。

これら最古の神経系が発生過程で障害されて発達障害がおこってくる可能性がある

波動検査から考える発達障害発生のメカニズム(推定)

sakura_7

腸の表面には網のように神経が張り巡らされており、消化器の状態をモニターしています。

生物学においては、この神経網が上の方へ発達進化して中枢神経が形成されたと考えられているそうです。

ですから、消化器神経の異常が中枢神経に対して影響することも、理論的にはありえます。

開発者

sakura_8
ネステロフ・ウラジーミル・イーゴレヴィチ
生年月日:1955年4月12日
ソヴィエト連邦(現ロシア)オムスク市生
学歴:1972~1978年、M・I・カ リーニン記念国立オムスク医科大学。
専門:予防医学と保健医療管理

国際非線形診断システムアカデミー会長、医療技術科学アカデミー正会員、応用心理物理研究所(IPP)創立者、国際医学雑誌『NLS診断法の実践的側面』編集長、NLS診断用機器開発者。非線形診断法分野での100件以上の学術論文の執者。

経歴と達成:
ロシアと世界各国市場での生物反響診断機器の設計開発、製造、販売、サービス提供(製品は アルゼンチンから日本まで世界50カ国以上で販売)
毎年、国際医療博覧会や国際会議に参加。世界中でNLS技術の普及を推進している。ネステロフ教授の率いる応用心理物理研究所は、25年の間に、NLS技術を単純なプログラムから発達させ、
多角的な研究と「仮想NLSスキャン」の原則に基づく内蔵器官診断によって得られたデータに基づく3次元再現映像を使用した技術に進化させた。また携帯式端末を使用する 遠隔患者診断実施のための機器-TorDiを開発中である。
ネステロフ教授は非凡な研究力と思考力、プロフェッショナリズムをもち、課題達成のために粘り強い努力を続ける人物である。彼が開発した医療分野は病気に対する考え方を根本的に変えるものであり、病気への傾向性を確定し、それを除去できるため、健康医学と呼ぶことができる。人間の健康は全一性に依拠し、また創造的行為、仕事、家族、社会、環境への態度などの私たちの生活のすべての水準における調和に左右されるものである。

創造と仕事、生活の主な場とネステロフ氏が考えている場所はシべリアである。
信条:困難を超えて星に向かう(Per aspera ad Astra)
趣味:ヨット、狩猟
家族:妻、ネステロヴァ・ヴェーラ・イヴァノヴナ、息子イーゴリ(応用心理物理研究所欧州 代表)、孫ソフィヤ

賞罰:

  • ・2005年9月19日、ロシア医療技術科学アカデミー正会員資格授与
  • ・ロシア自然科学アカデミーにより医療技術における優れた功績と非線形診断技術の開発に対 して銀賞「医療と健康保健の進歩に対して」を受賞
  • ・メタトロン機器の開発に対して国際科学発見発明者アカデミーからA・S・ポポフ賞を受賞
  • ・ソクラテス(EuroScience Open Forum) により、“The Name in Science”にノミネートされ、「世界科 学への貢献」に対する賞状とメダル、青帯を受け「全世界優秀研究者登記簿」に記載される。
ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:30
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ドクターズサロンラブ
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン
港区ドクター
QuicksilverJapan