代謝・環境汚染物質検査

代謝・環境汚染物質検査

有機酸とは、細胞代謝のすべての経路となる中間化合物で、食事で摂取するタンパク質、脂肪、糖質等に由来し、エネルギーの生成、細胞の維持ならびに修復プロセスに携わっています。有機酸量の変化を通して、細胞レベルで何が起きているか、身体がどの程度正常に機能しているのかを知ることができます。また有機溶剤や保存料に使用される化学物質は知らない間に身体の不具合を引き起こします。これら環境汚染物質の程度も尿で調べることが可能になりました(要3週間)。
代謝プロファイル(尿中有機酸検査)36項目

有機酸とは、細胞代謝の事実上のすべての経路となる中間化合物です。これらの化合物は、食事で摂取するタンパク質、脂肪、糖質等に由来するもので、エネルギーの生成、細胞の維持ならびに修復プロセスに携わっています。
身体が病気の症状を示し始めるまでに、細胞内では変化が生じており、正常な代謝に必要なたくさんの反応に異変が生じています。有機酸量の変化を通して、私達は細胞レベルで何が起きているか、身体がどの程度正常に機能しているのか、自らの要求に対し身体がどれほど対応出来ているかを知ることが出来ます。
通常は、尿中に現れる化合物である有機酸はごく微量であり、この増加は、ビタミンやミネラルの欠乏、代謝不全、酵素機能不全、腸内細菌の過剰、環境毒素への曝露等を示している可能性があります。

関連する様々な健康状態
体重増加
消化不良
腸管壁浸漏
腹部膨満
食物アレルギー
自閉症
ADHD(多動性障害)
ストレス
精神疾患
環境毒素への曝露
慢性疲労
低血糖症
衰弱
甲状腺機能低下症
手足の冷え
エネルギー不足
環境汚染物質プロファイル(尿検査)11項目
尿中の環境汚染物質

職業的・環境的な汚染物質への慢性的曝露は人体の健康への影響が大きく、工業化された現代社会において、拡大傾向にある懸念事項となっています。その多くは、様々な病理学に関連づけられています。

問題となる化学物質

●キシレン
キシレンは、至る所に存在する石油化学溶剤であり、最初にp450 酵素によって酸化し、次にグリシンと結合し、2および3-メチル馬尿酸に代謝されます。
●トルエン
●ベンゼン
●トリメチルベンゼン
●スチレン
●フタル酸エステル

フタル酸塩は、プラスチックの製造に使用され、柔軟性を持たせたり、樹脂を柔らかくするものです。 こればかりか、メークアップから洗剤、シャンプー、タイム・リリース型の薬剤に至るまで、あらゆる物の中に見出すことが出来ます。 この毒素は、神経および発達上の障害を起こすだけでなく、内分泌かく乱物質としても良く知られています。 また、トリプトファン代謝に干渉することによって、炎症誘発性と神経毒性複合物質であるキノリン酸の増加をもたらします。 フタル酸塩は、特に男の子の胎児の発達異常にも関連しています。
●パラベン
パラベンは、広く使われている防腐剤の一群であり、様々な化粧品、薬品、産業製品に見出すことが出来ます。パラベンは、固有のエストロゲンやその他のホルモンに関連する活動性を持っており、乳がん細胞系の成長発達に関連しています。

自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害(ASD,Autism Spectrum Disorders)(自閉症)は人種、経済レベルを問わず広がっています。米国だけでも100人に3~4人の子供が、自閉症に罹っており、診察をうける人口も増えています。
これらの子供たちの大部分が腸の免疫異常を有しているとの研究結果が出ています。腸の透過性の亢進により、食物由来のペプチド(蛋白不消化物)が腸バリアを突き抜けてアレルギー性の炎症をおこし、血流に高濃度で流入します。脳内でエンドルフィン様物質を出し、結果的に行動異常を引き起こします。特に小麦のグルテンと牛乳由来のカゼインはその作用が強く自閉症を悪化させます。他には米、肉類、ほうれん草などがあり得ます。

また、肝臓のp450解毒システムの損傷が相当数の自閉症のケースに発生しています。そのため子供の生体異物を解毒排泄する機能に深刻な影響を与えている可能性があります。一般的な石油化学製品の副産物:キシレン、トルエン、ベンゼン、スチレンなどが濃縮されて中枢神経系に影響を与えている可能性があります。また広く使用されている保存剤パラベンや製品の柔軟性耐久性のための化学物質フタル酸エステルは内分泌かく乱物質(環境ホルモン)として働く可能性があります。

診察料金

代謝プロファイル(尿中有機酸検査)36項目・環境汚染物質プロファイル(尿検査)11項目

●所要時間:約15分
●診察料金:診察料金表をご確認ください。
●検査セットメニュー ※下表をご参照ください。
代謝プロファイル36項目 尿中有機酸検査 解糖代謝産物、クエン酸回路代謝産物、酸化脂肪酸、ケトン代謝産物、補酵素要求性マーカー、神経伝達物質代謝産物マーカー、解毒マーカー、細菌代謝マーカー等、36項目もの有機酸を測定します。
環境汚染物質プロファイル11項目 尿検査 私達を取り巻く環境に一般的に存在し、健康問題を引き起こす可能性のある永続的な有機汚染物質の代謝産物を測定します。(キシレン、トルエン、ベンゼン、トリメチルベンゼン、スチレン、フタル酸類、パラベン類)
代謝プロファイル36項目 尿中有機酸検査 +環境汚染物質プロファイル11項目 尿検査 代謝プロファイルと環境汚染物質プロファイルがチェックできるお得なセットです。
自閉症スペクトラム障害検査IgG96スタンダードフード(日本)+ 代謝プロファイル36項目 + 環境汚染物質プロファイル11項目 自閉症をチェックするためのセットです。
※検査結果は約3週間でお渡しいたします。
●検査方法:血液サンプルを採取します。

自由診療、完全予約制です。

ご予約・お問い合わせ 03-6434-0085
診察時間:火・水・金・土 10:00~18:30
施術時間:火・水・金・土 10:00~21:00(最終受付19:00)
休診日 :月・木・日、祝日

診察は完全予約制です。これは患者様や相談に訪れる方一人一人に責任をもって、充分な診察をしたいと考えているからです。また、1〜2ヶ月先まで予約で埋まっている場合もありますので、予めご了承ください。なお、当日の予約キャンセルについてはキャンセル料が発生する場合があります。

なお、初診の方は予約日の一週間をきってのキャンセル・日程変更につきましては、診察予約時間の50%分をキャンセル料として頂戴致します

(例)1月8日60分診察予定で1月1日キャンセルの場合:6000円(税別)キャンセル料

ご予約をお待ちになっている患者様やご家族の方がいらっしゃいますので、何卒ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。


banner2

※初診ご来院の受付時に、初診問診票、生活習慣調査票にご記入いただきますが、当ホームページからも初診問診票、生活習慣調査票がダウンロードいただけますので、事前にご記入いただき、来院の際にご持参ください。ダウンロードできない場合は、ご連絡をいただければFAXにてお送りいたします。
※他院での検査データ、健康記録、処方内容などお持ちの場合は、なるべく多くご持参ください。また、病気の経緯、経過をまとめていただくと、より適切な診療が可能です。
※紹介状の有無にかかわらず受診いただけます。

初診問診票、生活習慣調査票 ダウンロード(PDF)

ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:30
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ドクターズサロンラブ
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン
港区ドクター
QuicksilverJapan