食品・吸入アレルギー検査

IgG抗体・IgA抗体・IgE抗体アレルギー検査

肉食過剰、過食、夜食、加熱食、睡眠不足、酵素不足が続くと、腸が炎症を起こして、通常は吸収しないタンパクの分解産物を吸収し、IgG遅延型アレルギーを起こします。ブルークリニック青山では、日本人に合わせた100項目近い抗原に対して、IgG遅延型アレルギー、またIgAのアレルギー抗体のチェックも併せて調べることができます。
コーヒーイメージアレルギー性疾患が急増しています。アトピー性皮膚炎、気管支喘息、国民病とも言える花粉症などなど。一般にはIgE-RASTという手法で即時型のアレルギー抗体を調べて判断しています。しかし、アレルギー性疾患の本体は、実は腸にある、と言われています。肉食過剰、過食、夜食、加熱食、睡眠不足、酵素不足が続くと、腸が炎症を起こして通常は吸収しないタンパクの分解産物を吸収することで、IgG、遅延型アレルギー引き起こします。アレルギーらしいのに、検査では異常がない、このような場合には、腸でのアレルギーの可能性があります。

ブルークリニック青山では、100項目近い抗原に対して、IgG遅延型アレルギーさらにはIgAアレルギーのチェックを行います。なお、IgE即時型のアレルギー抗体のチェックと併せて調べることもできます。
さらに代謝プロファイル(尿中有機酸検査)36項目、環境汚染物質プロファイル(尿検査)11項目も可能となり、 IgG遅延型アレルギーチェックと合わせて、自閉症スペクトル障害(ASD,Autism Spectrum Disorders:自閉症)の原因・悪化要因検索も可能となりました。

アレルギーとは?

人の体には、体外から入ってきた異物(抗原)を排除し、からだを守る「免疫機能」があります。異物が細菌やウイルスなどの場合にはからだにとって非常に有用な反応ですが、通常は反応しないようなものにまで過剰に反応することを「アレルギー」といいます。

アレルギーが発生する原因とは?

偏った食生活や不適切な食生活、ストレス、遺伝性素因、感染と炎症、化学物質、薬物、環境汚染物質と毒素等は、すべてアレルギー発生の要因となる可能性があります。
こうした発生要因が消化や消化管および肺の防衛機能を弱めることにより、アレルゲンが免疫システムを攻撃しやすくなっているという研究結果があります。
● 偏った食生活
● ストレス
● トラウマ
● 感染
● 化学物質
● 麻薬
● 環境有害物質
● 遺伝性要因 など

アレルギーを持つ人は?

ほとんどの人は、喘鳴(ぜんめい)、鼻水、過敏性腸症候群、片頭痛、湿疹等の不愉快で活力を失わせるようなアレルギー症状に苦しむ人を知っています。少なく見積っても、アメリカの人口の25%は、何らかの食物、化学物質、吸入抗原等に対して、顕著なアレルギー反応を持っています。一時的な不安感や関節痛、全身疲労、水むくみといった、あまり顕著でない症状を含めた場合には、本当のアレルギー発生率や不耐性は更に高くなると考えられます。

食物および吸入抗原アレルギーと関連し得る病気
皮膚 アトピー性皮膚炎/疱疹状皮膚炎/じんましん/血管性浮腫/接触性皮膚炎
消化器系 口腔アレルギー症候群/小児脂肪便症/過敏性腸症候群/腸疾患/結腸炎/好酸急性胃腸炎/消化病
呼吸器系 鼻炎/季節的なアレルギー性鼻炎/喘息/ハイナー症候群
尿路 遺尿
認知・心理 注意欠陥/活発性過度/偏頭痛/自閉症/統合失調症/慢性疲労症候群/てんかん
頭・首 メニエール症候群/慢性化膿性中耳炎/アフタ性口内炎
筋肉・関節 線維筋痛/リウマチ関節痛
2種類の主なアレルギー反応(遅延型と即時型の違い)
遅延型IgG・IgA抗体アレルギー

遅発性のアレルギーで、発症に数時間から数日間もかかり、かつ、長期間続いて遅発性の症状を呈するため、原因を認識するのが容易ではない。

遅延型抗体アレルギーの症状
全身疲労、イライラ、頭痛、痩せにくさ、食欲過多、偏食、注意散漫、あるいは、嫌な気分等(軽度で慢性的な症状が多い)
即時型IgE抗体アレルギー

即発性のアレルギーで、通常激しく突然に起きるため、原因となる食物とその症状との関係は明確。

即時型抗体アレルギーの症状
喘息、目と鼻のかゆみ、湿疹、脹れ、胃腸障害、花粉症、アトピー等
遅延型IgG抗体アレルギーについて

免疫複合体が介在して引き起こされる、免疫活性化と炎症のための代替メカニズムです。原因食物に何度も接触することにより、IgG抗体値は上昇を続け、免疫複合体が構成されます。これらの複合体が長期間にわたって、免疫に負担をかけ続けた結果、健康に影響を及ぼします。
炎症には5つの重要な目印があります。
1. 熱
2. 赤み
3. 腫れ
4. 痛み
5. 機能の損失および障害
炎症は体のどの組織・臓器にでも起こる可能性があります。血液が流れるところならどこにでも、炎症は発生し知覚可能な症状が現れる可能性があります。症状の程度および発症箇所は人によって異なる可能性があります。

検査方法

IgE検査以外は、通常採血ないしは指先からの少量(0.5cc)の血液を乾燥させたサンプルで検査を行うことができます。
乳幼児などは指先で行う場合があります。IgE検査については5ml以上の通常採血が必要です。

検査の種類
遅延型IgG抗体 96食品アレルギー検査

日本人の食生活にお馴染みの乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、緑茶、烏龍茶、コーヒー、スパイス、昆布などをバランスよく揃えた、96種類の食品項目で、遅発性アレルギーのIgG抗体を測定します。

乳製品 カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト
フルーツ リンゴ、アボカド、バナナ、網メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、いちご、スイカ
ナッツ・穀類 アーモンド、あずき、玄米、カシューナッツ、蕎麦、トウモロコシ、小麦グルテン、キドニー豆、緑豆(マング・ビーンズ)、オートムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、白米、ライムギ、ゴマ、大豆、クルミ、全粒小麦、さやいんげん
野菜 筍、もやし、ニガウリ、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、ピーマン、昆布、リーキ、レタス、マッシュルーム、オリーブ(黒)、タマネギ、かぼちゃ、ほうれん草、さつまいも、トマト、じゃがいも
肉類 牛、鶏、鶏卵(卵黄)、鶏卵(卵白)、ラム、豚
シーフード あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、牡蠣、レッドスナッパー、サーモン、スズキ、エビ、マグロ、ホタテ貝
スパイス カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ、バニラ
その他 製パン用イースト、醸造用イースト、カカオ、コーヒー、蜂蜜、さとうきび、緑茶
遅延型IgA抗体 96食品アレルギー検査

日本人の食生活にお馴染みの乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、緑茶、烏龍茶、コーヒー、スパイス、昆布などをバランスよく揃えた、96種類の食品項目で、遅発性アレルギーのIgA抗体を測定します。

乳製品 カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト
フルーツ リンゴ、アボカド、バナナ、網メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、いちご、スイカ
ナッツ・穀類 アーモンド、あずき、玄米、カシューナッツ、蕎麦、トウモロコシ、小麦グルテン、キドニー豆、緑豆(マング・ビーンズ)、オートムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、白米、ライムギ、ゴマ、大豆、クルミ、全粒小麦、さやいんげん
野菜 筍、もやし、ニガウリ、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、ピーマン、昆布、リーキ、レタス、マッシュルーム、オリーブ(黒)、タマネギ、かぼちゃ、ほうれん草、さつまいも、トマト、じゃがいも
肉類 牛、鶏、鶏卵(卵黄)、鶏卵(卵白)、ラム、豚
シーフード あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、牡蠣、レッドスナッパー、サーモン、スズキ、エビ、マグロ、ホタテ貝
スパイス カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ、バニラ
その他 製パン用イースト、醸造用イースト、カカオ、コーヒー、蜂蜜、さとうきび、緑茶
遅延型IgG抗体 16吸入アレルギー検査

16種類の吸入抗原(呼吸から起こるアレルギー)で、遅発性アレルギーのIgG抗体を測定します。

草の花粉 バヒアグラス、ギョウギシバ、スズメノチャヒキ、セイバンモロコシ、ライムギ、ハルガヤ、オオアワガエリ
屋内 ネコの抗原、チャバネゴキブリ、犬の上皮、ダニ(ミックス)、ハウスダスト
菌類 ススカビ(アルテルナリア)、アスペルギルス、クラドスポリウム・ハーバルム、ペニシリュウム
即時型IgE抗体 36食品・吸入アレルギー検査

重要な36項目の特異的IgEを少量の採血で同時に測定できる新しいアレルギー検査です。
アレルギー性疾患の主な原因アレルゲンを含む吸入系その他18項目と食餌系18項目で構成されています。
体質診断、腸管アレルギー検査に加え、急性のアレルギーの有無を把握しておくことはリスクを回避する上でとても重要です。

IgE検査IgE検査
診察料金
診察料金:診察料金表をご確認ください。

自由診療、完全予約制です。

ご予約・お問い合わせ 03-6434-0085
診察時間:火・水・金・土 10:00~18:30
施術時間:火・水・金・土 10:00~21:00(最終受付19:00)
休診日 :月・木・日、祝日

診察は完全予約制です。これは患者様や相談に訪れる方一人一人に責任をもって、充分な診察をしたいと考えているからです。また、1〜2ヶ月先まで予約で埋まっている場合もありますので、予めご了承ください。なお、当日の予約キャンセルについてはキャンセル料が発生する場合があります。

なお、初診の方は予約日の一週間をきってのキャンセル・日程変更につきましては、診察予約時間の50%分をキャンセル料として頂戴致します

(例)1月8日60分診察予定で1月1日キャンセルの場合:6000円(税別)キャンセル料

ご予約をお待ちになっている患者様やご家族の方がいらっしゃいますので、何卒ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

※初診ご来院の受付時に、初診問診票、生活習慣調査票にご記入いただきますが、当ホームページからも初診問診票、生活習慣調査票がダウンロードいただけますので、事前にご記入いただき、来院の際にご持参ください。ダウンロードできない場合は、ご連絡をいただければFAXにてお送りいたします。
※他院での検査データ、健康記録、処方内容などお持ちの場合は、なるべく多くご持参ください。また、病気の経緯、経過をまとめていただくと、より適切な診療が可能です。
※紹介状の有無にかかわらず受診いただけます。

初診問診票、生活習慣調査票 ダウンロード(PDF)

ブルークリニック青山
ブルークリニック青山は
自由診療、完全予約制です。

ご予約、お問い合わせ先
03-6434-0085

診察時間
火水金土 10:00~18:30
休診日
月木日、祝日
住所・アクセス
〒107-0052 港区赤坂8-5-32 田中駒ビルB1
東京メトロ半蔵門線・銀座線
または都営大江戸線
「青山一丁目」駅徒歩1分

「H」を身近に。水素ガスは東京水素
ブルークリニック青山のブログ
ドクターズサロンラブ
ブルークリニック青山のブログ
ブルークリニック青山院長認定のドクターサロン
港区ドクター
QuicksilverJapan